歩き遍路の記録 / Recording of Walking-Pilgrimage of Shikoku 88 Temples

思うところあって、歩き遍路をしてみることにしました。
88箇所、長い長い道のりを、じっくりと歩きたい。
文字通り、千里の道も、一歩から...。

歩き遍路における、かっちゃんの独自ルール / Rule of Kacchan's walking-pilgrimage

■道中、携帯電話など、ネット環境は一切使わない (公衆電話のみ可) / No use of Internet Environment at all (except public phone)
■野宿はしない / Stay at some charged inns (No rough sleeping)
■手をつかず、2本の脚で歩く(相撲のルール同様) / No be on hands along the way, such as that of Sumo's rules
■道中、酒は一切飲まない / No drink any alcohol


数字は寺院の番号を、数字の色は寺がそれぞれ徳島県, 高知県, 愛媛県, 香川県にあることを表します。
Colored numer means temples visited in Tokushima, Kochi, Ehime, and Kagawa prefecture.
1st day
1,2,3,4,5,6,7,8,9
2nd day
10,11,12
3rd day
13,14,15,16,17
4th day
18,19,20,21
5th day
22,23
6th day
-
7th day
-
8th day
24,25,26
9th day
27
10th day
28,29,30
11th day
31,32,33
12th day
34,35,36
13th day
-
14th day
37
15th day
-
16th day
38
17th day
-
18th day
39
19th day
40
20th day
41,42
21st day
43
22nd day
44,45
23rd day
46,47,48,49,50
24th day
51,52,53
(to be continued...)


<20日目 / 20th day>

行程 / Route 大門バス停前〜41番龍光寺〜42番仏木寺〜松屋旅館
Front of Bus-stop "Daimon" ~ 41st Ryukouji ~ 42nd Butsumokuji ~ "Matsuya" Inn
歩行距離 / Walking distanceapprox. 40[km]
天候 / Weather曇り / Cloudy
要約 / Summary初めて通った宇和島市は大きな街でした。41番と42番を打ち終えてからの峠が結構長かった。
Uwajima City is a big city! (my first visit) So long and steep was the mountain path after visiting the 41st and 42nd temples.



6時過ぎに出発。うわじまターミナルホテルさん、ありがとうございました。



大門バス停方面のバスの出発時刻までまだ時間があるので、ちょっとだけ宇和島駅を散策。



宇和島駅プラットフォーム。



宇和島駅の遠景です。



こちらのパン屋さんで朝食をとります、朝からちょっと多めですがパン3つとチキン2つをいただきました、美味しかった!! ありがとうございます。



そして、このパン屋さんのそばのバス停からバスに乗り込みます。出発時刻の7時ぎりぎりになって、中年のお遍路さん男女4人がバスに乗ってきました、「バス乗り継ぎと徒歩で38番金剛福寺を目指す」とのこと。Good Luck!



バスは宇和島駅を出発。宇和島バスセンターの一つ前のバス停で昨日のマダムが乗ってきました。バスはあっという間に大門バス停に到着、マダムとともにバスを降車。さあここから試合再開です。



マダムは歩くペースが遅めということで、先に行かせていただきます。マダム:「お気をつけて、私は自分のペースで(歩いて行きます)」。



おばあちゃん(写真右)を追い抜いてどんどん進みます。追い抜くときお互い「おはようございます」と挨拶。



ほどなくしてすぐ、遍路道に入れとの指示。行ってみよう。



遍路道だけど、そう狭くはない道です。



両脇の民家から、朝ご飯を作る包丁の音が聴こえてきて、なんとも風情があります。



今日は晴れてくれるといいな...。



ほどなくして、再び国道56号に出ました。



分岐点、ひたすら国道56号に沿って。



振り返ると、愛南町からの距離は27km。



川を渡ります。



川の上流方面。



市街地に入りました。



津島町商工会。



「てんやわんや名物文六餅」とのこと。どんな餅だろう?



再び川を渡ります。



このあたりまで歩いたところで、左眼が少し痛くなってきました、薬局はないかな...。



薬局自体は川を挟んだ国道56号にみえたのですが、橋がなく渡れないため、川を左に見ながら並行して歩き行く。



龍光寺までは22.6km、まだまだだ...。



サンクスを見つけました、目薬はないとのことなので腹ごしらえのためフルーツヨーグルトを買ってその場で食べました。「薬局は坂を上って行ったところにありますよ」とのこと。ありがとうございます。



松尾トンネルに入ります。トンネルを出たところにあったかまぼこ店でお手洗いお借りしました、ありがとうございます。



徐々に、宇和島市街が近くなってきました。



天気は何とも中途半端。



ヤマダ電機や...ユニクロや...



小松製作所や...LAWSONを抜けてあるき続けます。



宇和島までの距離を、一歩また一歩と詰めていく。



宇和島に近づくに連れ、徐々に車通りが多くなって来たような。



目薬を買えるところはなかなか見つかりません。(汗)



朝食220円ってすごい!!



遠くのあの看板はもしやドラッグストアか?!



やっと目薬を買えました、ありがとうございます。



そして宇和島の市街に入りました。



宇和島市内、工事中。



宇和島東高校、堂々たる門構え。壁には、在校生の「◯◯大会出場」などを大々的に貼り出していました。



意味ありげな門、時間があったら行ってみたい...。



宇和島バスセンターです。



宇和島市街を抜けて行きます。大きな街であり、歩き抜けるのにかなり時間がかかります。



大きなカーブを抜けて歩きゆく。



遠くの標識には、「松山まであと92km」、この区切り打ちのうちに到達できるか?!



それにしても降りそうで降らない中途半端な天気です。写真はありませんが、北宇和島の餃子王将にて昼食、餃子2人前と肉野菜炒めとキムチをいただきました、ありがとうございます。



昼食後更に歩き続け、漸く、龍光寺と仏木寺の標識が見えてきました。写真のサークルKサンクスにてペットボトルお茶とボールペン(インクが出にくくなったため)を買いました、店員さん:「輪袈裟はどこで買いました?」「一番(霊山寺)です、ずっとつけてます」「一番!! 霊山寺から?!」と驚いておられました。



予土線の列車です。



小川のそばを行く。



車通りは少ないです、徐々に山が深くなってきたような。



松山自動車道の高架を見ながら。



県道31号との分岐T字路が見えてきました、ここは直進。



このくねっとした道をゆく。



眼下には予土線。



務田駅のホームです。「むでん」駅、そのまま音読みなんですね。



一両編成の列車って可愛いですね。☆



田園地帯を突っ切る道、これを行けば第41番龍光寺。



春の小道をのんびり歩く、おばあちゃんと孫。追い抜かせていただきました。



でも自転車は追い抜かせません(笑)、追い抜いて行きました。



石碑があると安心します。さああと少し。



何だかちょっと雲が多い...雨降らないといいな。



お食事処「長命水」とな。



長命水のそばに鳥居あり(お寺だけど)、この向こうです。



最後に石段が。



到着しました、第41番龍光寺。



本堂の直前にもまた鳥居があるのですね。あと、驚いたのは、手水がセンサ方式だったこと。(笑) ハイテク寺です!



そして、ここからまた遍路道です。墓地のなかを登っていく道でした。



ほどなくして道は森の中に入ります。



木々のざわめきが聴こえます...。



やがて、開けた道に出ました。



そしてすぐに県道31号に合流しました。



分岐があるも、引き続き県道31号(左)をいく。



ここへ来て、再び日差しが強くなってきた(雲は多いのに)ので、日焼け止めを塗り、サングラス装着。



田んぼの向こうに家族の会話、のどかな風景です。



さあ、仏木寺の標識が見えてきました。このあたりまで来て徐々に問題に気づき始めました、仏木寺のあとは長い峠が続くようで、宿が見つかるか心配なのです...。まぁとりあえずは進むしかない。



第42番仏木寺、41番から1時間弱ですぐ着きました。



お寺に入りがけ、夫婦らしき2人組が声かけしてくださいました、「これから山越えですか? 気をつけて」...うーん気になる。(汗) 鐘をつく際、ちょっと力が入りました。



納経所のかたもやはり「これからの山越えは難しい」とおっしゃっていました...。でもこのあたりに宿らしい宿がなさそうなため、今日中に峠を越えて卯之町あたりまでたどり着くしかない。頑張ろう。



お手洗いをお借りしてから、いざ峠越え。ありがとう仏木寺。



とうべや...何屋さんだろう??



宇和三間線をひたすら登って行きます。



何と、道のど真ん中に小さなネズミ。これってジェリー?! トムさん出番ですよ! (古い)



車が全然来なず、しんとしています...。



四国のみちの看板です。



春分の日は過ぎたとはいえ夕暮れが迫っているので、歩を速めます。



季節柄、鳥の鳴き声がとても可愛らしかったです。☆



トンネルです、仏木寺からもう2.9km...いや、まだ2.9km。



トンネルを越えて更に歩き行く。



静かな森のざわめき。



明石寺まであと7kmになりました。でもお参りできるのは88カ所すべて17時までなので、お参りは明日です。



やっと大きな道に出ました。



宇和野村線が見えてきました。



ここを左にいけば明石寺です。その前に泊まるところを見つけねば...。



下川バス停、しかし終バスが既に出てしまったようなのでワープは無理、やはり歩くしかない。



空が暗くなるだけでなく、何とも穏やかでない雲...。



それでも、歩き続ける。



ついに、太陽が西の空に落ちました。ちょっと焦る。



あともうちょっとで卯之町、あそこならガイドブックによると「ビジネスホテル松屋」があるとのこと。空いてますように...。



国道56号付近、車通りはかなり多いです。ビジネスホテル松屋には第1と第2があり、近かった第2へGO。



見えてきました、あの白い建物。



...なのですが、第2にたどり着いてみると改装中でやっていないことがわかり、結局第1に行くことに。ガイドブックに載っていた第1の場所が微妙にずれており(汗)、ショッピングセンターや警察署のまわりをうろうろとちょっと迷ってしまいましたが、何とか無事第1に着けました。よかった〜。ほっとしました。受付のお姉さん曰く「ボイラー故障のためすみませんがお風呂は(そばにある系列店の)松屋旅館のものをご使用いただきたい」とのこと。先に夕ご飯にしようと思い、行ったのが、さっき迷った中で前を通った美味しそうなお店「美ゆき」。



鉄板焼きの店「美ゆき」、大正解でした。焼き肉、鶏皮ポン酢、豆腐サラダ、豚キムチ、どれも美味しかった!! ありがとうございます。店の薄暗い内装もよい雰囲気で、お客さんもたくさん入っていました。因みに、歩き通しということもあり、水を8杯も飲んでしまいました。(笑) こうして美ゆきを後にし、松屋旅館さんのお湯加減ばっちりのお風呂に入り、すぐに就寝。




前の日に戻る      次の日に進む
全行程を一気に読む(重いので注意)

戻る


管理者へメールを送信