歩き遍路の記録 / Recording of Walking-Pilgrimage of Shikoku 88 Temples

思うところあって、歩き遍路をしてみることにしました。
88箇所、長い長い道のりを、じっくりと歩きたい。
文字通り、千里の道も、一歩から...。

歩き遍路における、かっちゃんの独自ルール / Rule of Kacchan's walking-pilgrimage

■道中、携帯電話など、ネット環境は一切使わない (公衆電話のみ可) / No use of Internet Environment at all (except public phone)
■野宿はしない / Stay at some charged inns (No rough sleeping)
■手をつかず、2本の脚で歩く(相撲のルール同様) / No be on hands along the way, such as that of Sumo's rules
■道中、酒は一切飲まない / No drink any alcohol


数字は寺院の番号を、数字の色は寺がそれぞれ徳島県, 高知県, 愛媛県, 香川県にあることを表します。
Colored numer means temples visited in Tokushima, Kochi, Ehime, and Kagawa prefecture.
1st day
1,2,3,4,5,6,7,8,9
2nd day
10,11,12
3rd day
13,14,15,16,17
4th day
18,19,20,21
5th day
22,23
6th day
-
7th day
-
8th day
24,25,26
9th day
27
10th day
28,29,30
11th day
31,32,33
12th day
34,35,36
13th day
-
14th day
37
15th day
-
16th day
38
17th day
-
18th day
39
19th day
40
20th day
41,42
21st day
43
22nd day
44,45
23rd day
46,47,48,49,50
24th day
51,52,53
(to be continued...)


<03日目 / 03rd day>

行程 / Route なべいわ荘〜13番大日寺〜14番常楽寺〜15番国分寺〜16番観音寺〜17番井戸寺〜ファミリーマート前
Nabeiwa inn ~ 13th Dainichiji ~ 14th Jourakuji ~ 15th Kokubunji ~ 16th Kannonji ~ 17th Idoji ~ In front of FamilyMart
歩行距離 / Walking distanceapprox. 39[km]
天候 / Weather晴れ / Sunny
要約 / Summary前日よりはなだらかな道を、下っていきます。徳島市内の寺を順々に巡ります。
Going down along less steeper way than in previous day, I visited temples in Tokushima City.



さあ、大日寺への道のりが始まります。いきなり山道、膝の痛みに苦しみますが歩いて行くうちに徐々に慣れてきました。



天気は晴れ、空気も澄んで、朝の光が差し込みます。



桜が満開です!!



中央下は...案山子です。(笑) 結構気合いいれて作り込んでいます。すごい。



山の斜面に建つ小さな家。



絶景が続きます。



花、そして向こうの遠景。



これまた案山子です。



狭いけど車が通れる程度の道を歩いていきます。



歩いて行きます...



と思ったら、これが遍路道?! はい、遍路道です。



茶畑とシルエットです。



野菜の無人販売所、そこここに見かけます。



小さな商店で、栄養・水分補給のためにアーモンドチョコと爽健美茶を買いました。ありがとうございます。

ひたすら歩き続けました、すごく長く感じました。焼山寺から大日寺は20キロ強とのことですが、膝がきつかった私には30キロにも感じました。なかなか着かないなぁと思いながらも歩き続け、漸く大日寺手前2kmくらいまで迫ったところで、休憩所があったのでしばしお世話になります。何と、大きな魔法瓶に入った熱いコーヒーが用意されていたので、ありがたくいただきます。感謝。くつろいでいると、休憩所で休むことなくひたすら歩き続ける初老男性の姿が目に入ります。よーし私も!! まぁ、お遍路は競争ではないけどね。
歩き始め、ほどなくして初老男性に追いつきました。歩きながら少し話します。横浜市からいらっしゃったかたでした。88個目の寺まで既に回ったとのこと、すごい。あと、これから向かう大日寺の住職が韓国人女性であることも教えていただきました。


漸く到着、第13番大日寺。先ほど初老男性が話してくださった韓国人女性住職が、納経所で優しく声をかけてくださり、揮毫してくださいました。感謝。



大日寺の境内で、太鼓のパフォーマンスをやっており、暫く見学。かなりの人が集まっており、やはり市街地に来たんだなぁという印象です。



次の常楽寺までの道のり。雲が出て来た...。そしてぽつぽつ雨が降って来たのでし型なく橋の上で立ち止まり雨合羽をリュックから出して着ます。



第14番常楽寺到着。



門構えです。お経をあげる際、またしても真言がどこにも見つからず、お遍路の集団を率いている「先達」の装束に身を包んだおじいさんにお伺いしたところ、「まいとれーや」と教えてくださいました。感謝。納経所の揮毫担当者は、若い女性でした。珍しい。



第15番国分寺までは本当にあっという間でした。歩き途中、先ほどの集団を追い抜きました。そうそう、このお寺にてすごく面白い&可愛いハプニングに遭遇したのです。お遍路集団の中にいた小さい女の子、大人たちが鈴(「りん」、チーンと鳴らすあれです)を叩いていたのを見て「鳴らして遊ぶもの」と思ったようで、大人の参拝が終わった隙をみて、なんと面白がって連打し始めたのです。「チーンチーンチーンチーンチーン・・・!!」と、大音響が境内中に鳴り響きます。(笑) お母さんが飛んで来て、強制的にやめさせ、周囲に謝っていましたとさ(汗)。



観音寺までの道のりはスムーズな広い道でしたが、途中から、やや狭めの道になります。右に小学校、左にきれいな小川を見ながら歩き続けます。



第16番観音寺はとてもこぢんまりした寺です。そろそろ昼ご飯を食べようと思い、納経所でごはん処を尋ねるも、近くのうどん屋さんは本日定休日とのこと。紹介されたのは、へんろ道沿いでない国道沿いの店でしたが、へんろ道を行きたいという気持ちがあったため、敢えてへんろ道を歩き続けることに決めました。去り際、ガイドブックを忘れそうになってしまい、同じく遍路中の女性が指摘してくださいました。感謝。



歩き続け、中華料理屋を見つけたので即決。回鍋肉定食と餃子、美味しかった!! ありがとうございます。(お札を渡しました。)



雲が出てきました。ひたすら歩き続けます。井戸寺までの道は一部工事していたため若干迂回して進みます。途中、自宅の庭でお接待所をしていた老夫婦に呼び止めていただき、おはぎとお茶をいただきました。「若い人にも、四国をまわってもらって、おおらかな心になってほしい」という言葉が身に染み渡ります。そうそう、掛川から来たというお遍路5周目(!!)のお婆さんも一緒でした。何でも、お遍路をするために65歳からトレーニングを始めたそうで、毎朝2時間歩き午後はジム通いというスーパーお婆ちゃん、すごすぎです。イチローもびっくり?!



井戸寺到着。



井戸寺から恩山寺まではこの日中にはたどり着けないと判断、なるべく近いところまで行ってから宿に帰ろうと決めました。



恩山寺までの行き方は複数ありますが、へんろ道である「地蔵院越え」をしてみようと思い起ち、暫くは市街地を歩きます。



地蔵院にお参り。湖のほとり、静かな境内です。地蔵院越えに進むための分岐点付近で、さっきの掛川のスーパーお婆ちゃんと再会。今日はここで引き返して徳島市内に泊まるそう。



さあ、地蔵院越え。雨がぽつぽつ降って来ました。



アップダウンどちらも急ですがダウンが特にきつい。初めて、バランスを崩して手をつきそうになりました。危ない危ない...。



一般道に登って、更に左。



恩山寺は着実に近づいています。



季節は春!!



やっと広い道路に出ました。



この日はずっと、晴れたり曇ったり雨が降ったり、猫の目天気。



川沿い、工事現場をみながら歩きます。やはり膝が少し痛い。



暗くなって来たので、今日はここでおしまい。左のファミリーマートから明日は再開しよう。徳島市内で泊まれるところをガイドブックから探し、ホテルオリエントに決定。



文化の森駅が近づいてきました。



文化の森駅。公衆電話を使ってホテルオリエントに電話し、予約。


牟岐線で、文化の森駅から二軒屋駅まで行きました。ホテルは駅のすぐ前。さあ、明日は一旦帰るので、早起きするぞ!!☆


前の日に戻る      次の日に進む
全行程を一気に読む(重いので注意)

戻る


管理者へメールを送信